生理不順、その症状改善と避妊に低用量ピル   >   高い避妊率の低用量ピル

高い避妊率の低用量ピル

高い避妊効果を持つ低用量ピル

普段からコンドームなどでしか避妊をしていない場合は、何らかのハプニングによってアフターピルを緊急的に使用する可能性もあります。

その避妊効果は高いですが、72時間以内の服用で約95%という確率です。5%の確率で失敗してしまう、とも言えるでしょう。
しかし、アフターピルを飲まずにいれば避妊しなかった時と同じ確率で、妊娠する可能性がでてしまうので妊娠を望んでいない限りは緊急避妊を行うべきです。

それはあくまで緊急時の対処法で、普段からしっかりと避妊をしたいと考えている場合には、より高い確率で避妊してくれる低用量ピルの服用がオススメといえるでしょう。

低用量ピルは毎日なるべく決まった時間に飲むようにすることで、血液中のホルモンバランスを保つことが出来ます。その影響によって、妊娠中だと体が錯覚を起こします。
その働きで、排卵抑制や受精卵の着床阻害の効果が期待できるのです。

女性の体内のホルモンバランスを、低用量ピルによって調整しているので排卵を起こさない、無排卵状態にします。そうすることで、低用量ピルの服用を止めた時に無排卵月経が起こるのです。

排卵自体が起こらないので、低用量ピルの服用期間に性行為によって精子が女性の膣内に侵入してきたとしても受精できる卵子が無い状態の為、妊娠することは無いのです。このことから、低用量ピルの避妊効果はほぼ100%だといえるでしょう。

しかし、それは正しい方法で服用できた場合のみ言えることです。服用方法を誤っていたり、飲み忘れがあったりした場合には排卵が起こってしまう可能性もあるので避妊率は低下すると言えるでしょう。

せっかくの低用量ピルが持つ、高い避妊効果を下げない為にも正しい服用方法を続けなければいけないのです。